メニュー
お電話はこちら
お問い合わせフォーム

求職者向け情報 | レクリエーション介護士とは

求職者向け情報

基本的な介護の知識とレクリエーションの知識、スキルを身につけ、介護現場でレクの企画から実行までを担当するのが、レクリエーション介護士の主な仕事内容です。ご自身の趣味や特技、コミュニケーションのスキルを活用して、楽しく、安全なレクリエーションを運営することができます。

では、実際のどのようなお仕事につながるのでしょうか。レクリエーション介護士を取得後のイメージについてご紹介します。

レクリエーション介護士の需要

近年は、介護現場はもちろん、マスコミでも話題の介護レクリエーション。

その実力を備わっていることを表すレクリエーション介護士はレクリエーションを通して、高齢者の「生活の質」の向上を促し、高齢者に笑顔を届けることができる点で、現場からも求められています。すでに介護現場で働いている方がレクを行う際はもちろん、ボランティアとして介護現場で活躍する際や、ご家族の介護に活かすことができます。

資格を取得すれば、介護の仕事ができるようになりますか?

レクリエーション介護士2級で学ぶ介護の知識は、要介護者および介護現場で働く方とスムーズに会話できるようになるための基本的なものとなります。介護の仕事に携わる場合は、介護職員初任者研修などの資格を求められる場合があります。また、就職支援サイト「介護レクワーク」を運営するBCC株式会社 スマイル・プラスカンパニーでは、ご希望の方にレクリエーション介護士として活躍できる場をご紹介させていただきますので、そちらも併せてご覧ください。

就職支援サイト「介護レクワーク」について、詳しくはこちらへ。

レクリエーション介護士の資格を活かせる仕事をお探しの方へ

資格を取得した方のなかで就職・転職をご希望される方については、就職支援サイト「介護レクワーク」を運営するBCC株式会社 スマイル・プラスカンパニーから、レクリエーション介護士として活躍できる場をご紹介させていただきます。お仕事やボランティアをお探しの方にもおすすめです!

就職支援サイト「介護レクワーク」について、詳しくはこちらへ。

お問い合わせはこちら